旧だいたいわかるSCP解説

このブログは移転予定しました。

SCP-090 ルービックキューブ黙示録

オブジェクトクラス:Keter

 

SCP-090 とは

自動的に回転し、面がある程度揃うと災害を起こすルービックキューブのような物体

 

SCP-090 解説

SCP-090 は黒色で20cm立方の物体。各面がルービックキューブのように1万個の正方形に分割されていて、各正方形には紋様が描かれている。

SCP-090 の各行列は約2.8秒ごとに1ヶ所が自動で回転する。各面に描かれた紋様がある程度揃うと、ちょうど2時間後にどこかで事件や事故・災害が起こる。また誰かが SCP-090 を組み替えようとすると SCP-090 は能動的に面を揃えて自発的に災害を起こす。

 

 

クレジット

SCP-090 ルービックキューブ黙示録http://ja.scp-wiki.net/scp-090:©︎ GXS

このコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承3.0ライセンス(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja)の元で利用可能です。